こんにちは。
思いを現実化する(まる現)の久家邦彦です。

◎この世界が、どのように見えますか?

■「私は対象を見えるようにではなく、私が見たままに描くのだ」
    パブロ・ピカソ

ラスベガスのベラッジオで、パブロ・ピカソの原画11点が飾られている
レストラン ピカソにいきました。

世界一資産価値が高いといわれるレストラン ピカソ。

その資産価値は100億円を越えるといわれています。

美術館でも観ることができないパブロ・ピカソの原画に
囲まれてゆったりとした時間を堪能させていただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

明日描く絵が一番すばらしい!
    パブロ・ピカソ

━━━━━━━━━━━━━━━━

◆パブロ・ピカソは
「労働者が仕事をするように、芸術家も仕事をするべきだ」
という言葉を残しています。

そしてその言葉のとおり
生涯におよそ

・1万3500点の油絵、

・10万点の版画、

・3万4000点の挿絵、

・300点の彫刻と陶器

を制作し、最も多作な美術家であると
『ギネスブック』に記されています。

◆パブロ・ピカソにも
もちろん「無名の時代」がありました。

若い頃のピカソはプラド美術館に通い、
ベラスケスらの名画を模写することで
自ら学びを深めていきました。

この頃のピカソは絵画にとどまらず、
店のメニューのデザインや、アールヌーヴォー調の
ポスターにも挑戦していたそうです。

◆やはり芸術も、ビジネスと同じで、

「天才をつくる1万時間」
つまりハードワーク期の「量」から「質」がうまれるのですね。

深い氣づきをいただきありがとうございます。

“だから”思考は現実化する!
7万3428人の結論!

http://marugen.tokyo/seminar

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■大切なことは、熱狂的状況をつくり出すことだ!

■子供は誰しも芸術家だ

問題はおとなになっても芸術家でいられるかどうかだ!

■ようやく子どものような絵が描けるようになった
ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ!
   パブロ・ピカソ

━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸: レストラン ピカソで撮影した画像の中に
パブロ・ピカソの70億円の原画が写っていました。

とてもすばらしいサービスを提供していただいた
みなさまに心より感謝をこめまして。

■いい選択が未来を変える
豊かな毎日を現実化する
日本現実化戦略研究所(まる現)

    久家 邦彦