2015年 9月 の投稿一覧

“だから”思考は現実化する! (7万2348人の結論)

こんにちは。

思いを現実化する!(まる現)の久家邦彦です。

◆21年間にのべ7万3428人の集合研修や
毎年のべ600人以上の個別セッションを担当していると
「もっと収入をあげたい、」という方から

√ 自信がない、とか
√ 単価をあげられない、とか
√ 相手に拒絶されないだろうか、とか

√ 会社でリストラされないだろうか、とか
√ どうやって契約したらいいかわからない、とか
√ 仕事や子育てで時間がない。でも副収入をえたい、とか

√何からはじめたらいいかわからない、とか
√ この先、ローンを払えるだろうか、とか
√ 収入がさがらないだろうか、

という悩みをお聴きします。

■そもそも「なぜ、こんな悩みが多いのでしょうか?」

その理由は、学校や、会社では
誰も「心の壁(マインド)」や「営業の壁(スキル)」
の乗り越え方を教えてくれないからです。

だから突然、
「この商品を売ってきて、」といわれたり
「自分で副業やビジネスをはじめよう、」と思っても

お客様に喜ばれて、商品やサービスが

・「売れるか?」

それとも

・「売れないか?」

一瞬でわかります。

■相手が求めているものを理解して、
そこに、あなたが提供するものがつながっていることが
大切なのです。

これが「できる」ようになると相手に喜ばれて
あなたの収入もあがりつづけます。

■あなたは「ノミの話」をお聴きになったことはありますか?
ノミの大きさは3mmといわれる小さい生き物。

このゴマ粒ほどのノミは、自分の身体の100倍もジャンプできる
跳躍力があり30cmも飛べるそうです。

このノミを10㎝くらいの高さのコップに入れて、
フタをしてしまうとどうなるでしょうか?

コップにフタを被せられたノミは、いくらジャンプしても、
コップに頭をぶつけてしまいます。

いつしかこのノミは・・・。

「自分はここまでしか飛べない」
という条件反射をつくってしまい、
フタを外しても10㎝以上は飛べなくなってしまうのです。

◆では今度は、このノミに、
裏返した高さ1cmのお皿をかぶせるとどうなるでしょうか?

答えは、1cmしか飛ばなくなってしまいます。

ノミは「もう自分には飛ぶ力がないのだ!」と、
自分で壁をつくってしまうのです。

◆「ノミの話」だと、バカだなあ。と笑えるかもしれませんが、、、

実はわたしたちはこの話を笑うことはできないのです。

なぜなら、私たち人間も、無意識に
たとえば自分の年収の限界を自分で300万円とか、
700万円とか決めいるかもしれないからです。

◆それでは、
この1cmしか飛ばなくなってしまったノミを
もとの元氣なスーパージャンパーに戻す方法はあるのでしょうか? 」

⇒ それが、あるのです。

それは、他の高く飛んでいるノミ、つまり30cm跳んでいる
元氣なノミに出会うことです。

1cmしか飛べなくなったノミも、元氣に高く跳んでいるノミと
一緒にいると、徐々に飛べるようになり、
またものと30cmを飛ぶことができる
スーパージャンパーに戻るのです。

◆これはわたしたち人間も同じようなところがあります。

というのは、わたしたちは『つきあう人』
によって大きく影響されるのです。

あなたの廻りには、
・あなたとちかい仕事をして、
・似たような時間仕事をして、
・似たような収入を得ていて

似たような生活をしている人はいませんか?

同じ会社につとめ、同じような年収で、毎日、同じように
通勤して、同じような時間、仕事をして、、、。

廻りの人をよく見てみたら、自分と似たような
高さしか飛んでなかったとか。

◆もしそうなら、

「あなたにコップをかぶせたのは誰でしょうか?」

多くの人は年収を増やすのは難しいと
思いこんでいるようですが、じつは外をみてみると
ぴょんぴょんと高く、しかも楽しそうに飛んでいる人がいるものです。

“だから”思考は現実化する!
7万2348人の結論は
こちらの無料動画をご覧ください


http://marugen.tokyo/ibc/4kom

■いい選択が未来を変える!
豊かな毎日を現実化する!
日本現実化戦略研究所(まる現)
 久家 邦彦

営業が苦手でも年収が3倍に!

こんにちは! 久家邦彦です。

■落とし穴を避けて、年収をあげた5人の
衝撃のインタビューをお届けしています。

■二渡祐也さんは、WEB制作をされています。

 講座終了からわずか1年で、平均単価20万円のホームページ業者から、
単価300万円のWEBプロデューサーとなりました。

■高橋政史さん: 二渡さんは今、
どういったお仕事をしているのですか?

◆二渡さん:WEBサイトの制作とかWEBサイトを活用した
マーケティングをしています。

■高橋政史さん: なるほどなるほど競合が結構いる分野ですね。
久家さんの講座に参加されるまえは、どんな状態でした。

◆二渡さん:そうですね。だいたい売上が0から、100万円くらいです。

ないときは0ゼロのときもあるし、いくときは100万円くらいいくのですが
波がある状態でしたね。

■高橋政史さん: 波があるというのは一番キツイですよね。

◆二渡さん:そうですね。毎月、不安ですよね。

■高橋政史さん: 久家さんの講座をうけて
今は単月でどういう状態になったのですか?

◆二渡さん:多いときは300万円とかいく月もあります。

■高橋政史さん: そうすると100万円から
300万円になったということは3倍になったのですね。

◆二渡さん:はい。

■高橋政史さん:
久家さんの講座で何が一番、学びになりましたか。

■つづきはこちらをご覧ください。

⇒ http://marugen.tokyo/ibc/3uwl/

(2人目 7分50秒から 二渡祐也さんのインタビューです)

   久家 邦彦

コップをかぶせたのは誰だ?

 

こんにちは!

思いを現実化する(まる現) 久家邦彦です。

◎先日『年収5倍!喜業塾』の説明会に参加された
会社員の方のお話が印象的でした。

「今の生活に満足していないわけではありません。

でも、もっと自分はできるんじゃないかと感じているんですが
どこかで限界をつくってしまっていて、、、。」

■あなたは「ノミの話」をお聴きになったことはありますか?
ノミの大きさは3mmといわれる小さい生き物。

このゴマ粒ほどのノミは、自分の身体の100倍もジャンプできる
跳躍力があり30cmも飛べるそうです。

このノミを10㎝くらいの高さのコップに入れて、
フタをしてしまうとどうなるでしょうか?

コップにフタを被せられたノミは、いくらジャンプしても、
コップに頭をぶつけてしまいます。

いつしかこのノミは・・・。

「自分はここまでしか飛べない」
という条件反射をつくってしまい、
フタを外しても10㎝以上は飛べなくなってしまうのです。

◆では今度は、このノミに、
裏返した高さ1cmのお皿をかぶせるとどうなるでしょうか?

答えは、1cmしか飛ばなくなってしまいます。

ノミは「もう自分には飛ぶ力がないのだ!」と、
自分で壁をつくってしまうのです。

◆「ノミの話」だと、バカだなあ。と笑えるかもしれませんが、、、

実はわたしたちはこの話を笑うことはできないのです。

なぜなら、私たち人間も、無意識に
たとえば自分の年収の限界を自分で300万円とか、
700万円とか決めいるかもしれないからです。

◆それでは、
この1cmしか飛ばなくなってしまったノミを
もとの元氣なスーパージャンパーに戻す方法はあるのでしょうか? 」

⇒ それが、あるのです。

それは、他の高く飛んでいるノミ、つまり30cm跳んでいる
元氣なノミに出会うことです。

1cmしか飛べなくなったノミも、元氣に高く跳んでいるノミと
一緒にいると、徐々に飛べるようになり、
またものと30cmを飛ぶことができるスーパージャンパーに戻るのです。

◆これはわたしたち人間も同じようなところがあります。

というのは、わたしたちは『つきあう人』
によって大きく影響されるのです。

あなたの廻りには、あなたと近い仕事をしていて
同じような生活をしている人はいませんか?

同じ会社につとめ、同じような年収で、毎日、同じように
通勤して、同じような時間、仕事をして、、、。

廻りの人をよく見てみたら、自分と同じような
高さしか飛んでなかったとか。

◆もしそうなら、

「あなたにコップをかぶせたのは誰でしょうか?」

多くの人は会社員で年収を増やすのは難しいと
思いこんでいるようですが、じつは外をみてみると
ぴょんぴょんと高く、しかも楽しそうに飛んでいる人がいるものです。

『お金がないのは問題ではありません。

アイデアがないのが問題なのです。』

その理由は

「日本現実化戦略研究所」で検索してみてくださいね。

まるです。

久家 邦彦

なぜ、収入の悩みが多いのか?

こんにちは! 久家邦彦です。

◎毎年のべ600人以上の個別セッションを担当していると
「もっと収入をあげたい、」という
会社員の方や主婦、経営者の方から

√ 自分に自信がない、とか
√ 単価をあげられない、とか
√ 相手に拒絶されないだろうか、とか

√ 会社でリストラされないだろうか、とか
√ どうやって契約したらいいかわからない、とか
√ 仕事や子育てで時間がない。でも副収入をえたい、とか

√何からはじめたらいいかわからない、とか
√ この先、ローンを払えるだろうか、とか
√ 収入がさがらないだろうか、

という悩みをお聴きします。

■そもそも「なぜ、こんな悩みが多いのでしょうか?」

その理由は、学校や、会社では
誰も「心の壁(マインド)」や「営業の壁(スキル)」
について教えてくれないからです。

だから突然、
「この商品を売ってきて、」といわれたり
「自分で副業やビジネスをはじめよう、」と思っても

・お客様に喜ばれて、商品やサービスが
「売れるか?」

それとも

・「売れないか?」

一瞬でわかります。

■相手が求めているものを理解して、
そこに、あなたが提供するものがつながっていることが
大切なのです。

これができるようになると相手に喜ばれて売上があがり、
あなたの収入もあがりつづけます。

■東京と大坂で開催している【年収5倍!喜業革命】説明会では、
たった90日で「心の壁」を乗り越えて

√ 不安から開放される方法
√ 正しい行動ができる方法
√ 断られてもやり遂げる方法

■「営業の壁」を乗り越えて

√ 相手に喜ばれて売れる方法
√ 単価が10になる方法
√ 繰り返しリピート売上があがる方法

についてお伝えいたします。

今まで、一度も商品やサービスを販売したことがない方や
これから収入をあげることを考えている方に、

誰もが悩まされる「心の壁」と「営業の壁」を永久に完全解決し、
この先5年間で、「年収5倍」を実現し、まわりも自分も
喜びにあふれて生きる方法を、身につけていただきます。

第二回動画↓
http://marugen.tokyo/ibc/2yik/

あなたにお会いできるのを楽しみにしています。

久家 邦彦

【年収5倍!喜業革命】 コンセプトの天才の【告白】

こんにちは。 久家 邦彦です。

累計書籍32万部を越えた 『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか』の著者で
コンセプトの天才 高橋政史さんにご紹介いただきました!

/////////////////////////////////////////

高橋政史さんにご紹介いただいた

【告白】、、、、。
思わず目頭があつくなりました。

/////////////////////////////////////////

【告白】 すると、潜在意識の世界にはじめて触れたのは22歳のときでした。

マーフィーに、名著『思考は現実化する』で有名なナポレオン・ヒル。

その後、手にした『7つの習慣』や稲盛和夫さんの『成功への情熱』は、 いまも愛読書。

以来、直近のベストセラー『嫌われる勇気』や『こうして、思考は現実になる』まで、 ビジネス書と並行して、四半世紀ほどの自己啓発書を人生の相棒にしてきました。

そこで得た結論は、 「潜在意識を活用せずに成功者になった人はいない」 という単純なものでした。

稲盛和夫さんは本の中で言っています。

「私は社内で、 『潜在意識にまで浸透するほどの強い持続した願望・熱意によって、自分の立てた目標を達成しよう』と言い続けている」

でも、一方で

・「潜在意識は胡散臭い…」とか、
・「スピリチュアルといっしょでしょ」とか、
・「自己啓発本を読んでいるのに、うまくいかない…」
という声を耳にすることがあります。

そうした声を聞くたびに、

「別に、頭から批判しなくても、活かして成功している人が たくさんいるなら、
素直に活用してみたら」 と思うわけです。

ただ、ここで「2つの問題」が発生します。

それは、

1.潜在意識を教える人はたくさんいるけど、一流の人はほとんどいない
2.潜在意識だけ勉強しても、 年収を増やす技術(スキル)がないダメ

という「2つの問題」です。

でも、そもそも、この「2つの問題」を同時にクリアできるように指南できる
「その道の一流」っているのだろうか?と、ずっと思ってきました‥‥。

●○● 今回、この「2つの問題」を同時にクリアしてくれる一流の人物を紹介します。

久家邦彦(くげくにひこ)さんです。

久家さんは、潜在意識と営業の活用で、焼き芋屋さんから、
例のナポレオン・ヒル教材で有名な100億円企業の元役員にまで上り詰めた人物。

   ↓

○●○━━━━━━━━━━━━━━━●○●

【年収5倍!喜業革命】 焼き芋屋から年商100億円企業の役員まで
上り詰めた久家邦彦が、 自己啓発と起業の常識を変える。

○━━━━━━━━━━━━━━━━━●

7万人の「思考は現実化する」現場に立ち あってきた実体験から、
多くの人が見落と してしまう「思考は現実化する」ための、 「大前提」の話から、

年収が増える人になる “心と営業”の両立方法を特別に教えてくれる そうです。

私も早速登録して動画を見てみましたが、

「心=潜在意識」

「営業=現実化」

の両方をバランスよく活かすことを知れば知る ほど、
起業やビジネスをはじめる前知識として 必要ものだと感じました。

もっと年収が欲しい人、
起業を考えている人、
自分に自信がない人、
営業が苦手…を克服したい人、
自分の強みを知りたい人、
潜在意識に少しでも興味がある人…

いずれかに当てはまる人には ぜひ見て欲しいおすすめの内容です!

追伸 なんで、高橋政史の写真が載っているの?と
思われた方もいるのではないでしょうか。

このプロジェクトの
コンセプト設計&コピーライティング&インタビューアーを
させていただいたからです。    

/////////////////////////////////////////

高橋さん!!ありがとうございます。
このプロジェクトは高橋さんとハマチさんが いなければ始まりませんでした。
高橋さんとハマチさん、そして応援してくださっている皆様の 思いを形にして参ります。

■「自分を変える。」これが口で言うほど
簡単ではなかった経験はありませんか?

・営業で今月こそ目標をやりとげよう!と考えても

いつもと同じ行動の繰り返して結果がかわらない。

・起業でのために準備をしよう。
と思っても、
仕事から帰ってくると時間がないので
そのままなんとなく寝てしまう。

・副業をはじめよう。とセミナーに参加したり
教材を購入したけど、
ちょっとつまずくとそれきりに
なってしまう。

いただきましたご質問や感想は
「4つの動画」のなかでお答えしています。

あなたが「氣持ちの壁」と「営業の壁」を乗り越えて

「売上が継続して上がる方法」につきましてお話しています。

■暴露すると、私自身も自分を
なかなか変えられない一人でした。

「なんとか、変わろう。」と思っても
行動が変わらない。

寝て、朝になれば、また全く同じことの繰り返しでした。

「では、そんな自分がなぜ過去と決別できたのか?」

■「まずは自分を思いどおりに動かそう!」と決めたからです。

それまで毎日、どんなに「変わろう」と考えて、

「行動」や「思考」を変えよう。と思っても
自分にはそれができなかった。

なぜなら不安や怒りなどの感情をコントロールできなかったからだ。

そこで自分をコントロールする順番を変えて

一番簡単なことからはじめた。

言葉の習慣 ⇒ 感情の習慣 ⇒ 思考の習慣 ⇒ 行動の習慣 ⇒ 結果

こうして自分を、1歩1歩。
自分を変えていった。

その結果、驚くことが起きた。

ある時、氣づいてみたら、自分が変わっていた!!

自分が決めた一点にむかい「大量行動」
ができるようになっていたのだ!!

「大量行動」とは、自分の目標やテーマを細分化して

一点に絞り込んで、そこに向かい一度にたくさんの行動を集中すること。

この「大量行動」のときにうまれる

「エネルギー」と

「アイデア(施策)実行の量」が

無意識に、昨日までと同じ行動をしようとする
慣性のエネルギーに打ち勝つのだ。

「人は、変われる!」

私たちが、怖れているのは、現実ではありません。

私たちが、怒っているのも、現実ではありません。

行動や思考を変えようとする前に
まずは自分の感情をコントロールすること。

その方法はこの『年収5倍!喜業革命』の4つの動画の
なかで
お話しています。

もし『◎◎さん』の登録がまだだったら
私たちの
『新・自分革命』に参加しませんか?

■年収1000万円以上を毎年、実現できるのは、ごく一握り。

給料所得者にいたっては、年収1000万円の割合は、

じつに、3.9%しかいません。

(2013年 国税庁 民間給料統計 実態調査より)

「なぜか?」

それは、3つの壁が私たちの前に立ちはだかるからです。

◆まず一つは「氣持ちの壁」。

「氣持ちの壁」とはマインドの壁です。

√ ラクして稼ぎたい、とか

√ 手に職がつけば安定する、とか

√ 資格さえあれば食べていける、とか

√ 公務員になれば安定が保証される、とか

√ セミナー講師になれば豊かになる、とか

√ 集客も、マーケティングも、商品開発も自分でやろう、とか

√ 代償を払いたくない、とか

√ 失敗したらどうしよう、とか

√ 自分は何でも知っている、とか

反対に

√ 自分にはムリかもしれない、とか

◆この「氣持ちの壁」に氣づかないと、

収入をあげていく「正しい行動」ができなくなってしまいます。

ある教育研修会社の調査によると 本やセミナー、教材で
学んだことを
「正しく行動する人」は20%

行動したら、結果は2つ。

・「のぞんだ結果」か、

・「のぞんだ結果がでない」か、

■そのときに、さらに改善を重ね、
やり遂げるまで、
行動を続ける人は
行動した20%のなかの、さらに20%

つまり4%しかいませんでした。

このように96%の人は行動することへの
不安があったり、間違った思いこみがあることで
成果をあげる「正しい行動」ができないのです。

そんな心の状態で、どんなに「集客」や「マーケティング」、
「ネットビジネス」を学んでも、「副業」や「営業」「起業」
をしても、のぞんだ収入を得ることは難しく、不安と焦燥を
繰り返すことになります。

これが1つ目の壁。

◆そこで自分の知識やノウハウ、マインドセット、状態管理に
関しては、
独自に勉強するなりして、ある程度克服したとして

次の壁が立ちはだかります。

「営業の壁」です。

どんなに良い商品やサービスを販売していても

相手がそれを喜んで購入してくれなければ
売上が継続しないし、
収入はつづきません。

◆「2013年、企業の倒産原因の1位は何だと思いますか?」

⇒「売上不振」が、70.7%でダントツの1位でした。

(※中小企業庁 2013年 中小企業白書より)

■「営業の壁」とは、言い換えると、

「営業が嫌い」とか「営業が苦手」
というスキルの壁です。

「売上」を「英語」で考えると興味深いことに氣づきます。

「売上」は「英語」でいうと「SALES(セールス)」。

日本語でいうと「営業」になるのです。

ということは「営業(セールス)」が嫌いということは、、、

「売上」が嫌いということなのです。

■大切なことなので繰り返しますが、
英語で「売上」とは、
「セールス(営業)」です。

つまり「営業しなければ、売上はあがらないし、
収入が増えない」のは
当然のことなのです。

でもここでお伝えしたいことは、そこではありません。

多くの人が、「営業」を勘違いしている。ということです。

喜ばれながら年収1000万円を毎年、
繰り返し継続している人は
すべて営業をしています。

■日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんや、

歴代納税額が1位の斎藤一人さん、異業種で2社の企業上場を
達成された
南部恵治さんなど、日本を代表する著名な
事業家や大商人はすべて
営業をしています。

◆3つ目の壁は、「器の壁」です。

「器の壁」とは、言い換えると、

「自分さえ良ければいい」とか、
「成功しても幸せを感じない」

というマスターマインドの壁です。

小さい器に上から水をどんどん注いでも、
その器の大きさ以上の水を
器にとどめておくことはできません。

人に喜ばれて年収をあげるには、
心の器を大きくすることです。

「器」がなければ、一時的に成功してお金が手に入ったとしても、

すぐにお金がでていってしまったり、幸せを感じなかったりします。

実際に、社会的、経済的に成功しているようにみえるのに

√ いつもビクビクおびえていたり、

√ 不摂生で病氣になったり

√ 威圧的になったり、

√ 毎晩、真っ暗な心の闇に引き込まれ、
お酒を飲んでも眠れない人 、

√ なかには暴力をふるう人から離れられない人もいます。

■人から喜ばれ収入をあげていくには

以上3つの壁が
わたしたちの前にたちはだかります。

では、私たちはこの「3つの壁」に屈する他ないのか?

 

√ ちっぽけな思い込みに振り回されて、、、

40代はおろか50代になっても

将来を不安に思い患い、
ビクビクしながら
仕事をしつづけなければならないのか?

 

√ いつもお客さんや上司の機嫌を損ねないように、

彼らに媚びて生きなければならないのか?

√ パートナーとの関係が冷めきってしまい、


子供はろくに挨拶もしない、反抗期

信頼していた社員はクーデター

心の底では誰も信頼できず一人ぼっち。

そんな、むなしい毎日を生きなければならないのか?

⇒ 断じて違います!!

21年間で、のべ7万3428人という圧倒的数の
集合研修や
個別セッションを担当させていただき、
やっときづきました。

◆『旧・自分革命』=自分を変えるために、
本やセミナー、
教材からマインドやスキル学んで
「自分一人」で、直線的に頑張る。

ひとりぼっちの『自己啓発型』

◆『新・自分革命』=自分と他者との関係性。

マスターマインドを通して、人から喜ばれ感謝され、

より魅力的な人になることで進化していく

『マスターマインド型』

■あなたがが、この「3つの壁」を徹底的に破壊して

人から喜ばれて!年収をあげる!
ある具体的な行動を起こします。

まさに革命。

『年収5倍!新・自分革命』です。

○●○━━━━━━━━━━━━━●○●

◆久家邦彦プロフィール◆

社会人人生のスタートは焼き芋屋。そこで「売れないと、1日の収支が赤字になる」現実を骨身に刻む。ホテルマンに転職して「手に職をつけて」年収300万円になる。

つづく教育研修企業ではフルコミッションの代理店からスタートし「氣持ち」と「営業」の2つの壁を乗り越え年収がホテル時代の10倍を突破!

営業支店長として低迷していた支店の再建に入り支店の売上が1年で7倍となる。

同じ営業手法を年商5億円の事業部に導入したところ18ヶ月で年商25億円となり売上が5倍を越える。取締役営業部長として年商100億円企業の役員となる。

 そこで成功者の多くが経験する「成功の光と闇」に遭遇。

「お金があっても不幸のどん底…」の状態へ。そのどん底から抜け出すキッカケとなったのが「マスターマインド」の存在だった。

 伝説の中国人営業マン、移民から億万長者になった男、日本一の投資家・竹田和平さん、孫正義さんの事業パートナーであり2社の上場を実現させた経営者・南部恵治さん、歯学博士、経営学博士で100万部突破のベストセラー作家・井上裕之さんといった大物とマスターマインドを組む。 

現在は、その実体験を結晶化させた「年収5倍!喜業塾」を通して、自身のみならずビジネスパーソン、一流の経営者、そして普通の主婦の方に「喜業家」になる方法を伝授。

結果、年収2倍、3倍そして5倍を叩き出す人が続出。
これまで指導してきた人の数は7万人超。

ミッションは「脳力革命で人を幸せに!」

◆日本現実化戦略研究所(まる現) 代表
◆全国感謝連盟 会長
◆ヘルスカウンセリング学会認定SAT上級コーチ
◆日本一の個人投資家 竹田和平さんが主宰する
智徳志士の会 発起人代表 コーチ

48才失業、面接200社 不採用!!

おはようございます。久家邦彦です。

■さて、昨日より登録受付を開始している【年収5倍!喜業革命】ですが、
説明会がどんどん埋まっています。

すでに3講座が満員です。
こんなことは前代未聞です。読者の期待の大きさを痛感しす。        

●○━━━━━━━━━━━━━━━━●○

昨日、ある男性のインタビュー動画を収録しました。

◆ インタビュアー:栗林さんは40歳までシステムエンジニアの仕事を
していた正社員だったんですよね。
どんな仕事をしていたのですか?

■栗林さん:メインフレームを受注していまして、
そちらのお仕事をうけていました。

◆インタビュアー:リーマンショックの後、48歳で失業された
ということですが,

■栗林さん:失業して仕事がパッタリなくなり、、、
親の介護もしなければならないということで、
どうしらいいかわからない。ということで、

精神的に相当ダメージが大きかったです。

◆ インタビュアー:そのときハローワークにかよって
400社応募したとお聴きしたのですが・・・。

■栗林さん:400社くらい応募しました。

◆ インタビュアー:400社に履歴書を送ったのですね。

すごい数ですが、
それで何社くらい面接したのですか?

■栗林さん:200社面接しました。

◆インタビュアー: 結果はどうだったのですか?

■栗林さん:200社面接して、ぜんぶ、不採用でした。
落ちました。

◆ インタビュアー:久家の講座を受講されたのはその頃ですね。

■栗林さん:はいそうです。
どうしていいかわらなくて。

◆ インタビュアー:そこから、
いまでは面接に落ちた会社から
仕事を受注されているのですか?

■栗林さん:はい。そうです。200社、面接に落ちた会社に
メールとか電話をしました。

◆ インタビュアー:そこで11社から仕事を受注して会社員時代より
収入が高くなって

すでに5年になるのですね。

■栗林さん:はい。そうです。

ある方法で面接に落ちた会社、11社から
仕事を受注して、会社員時代より収入が高くなりました。

しかも今ではある方法で連絡すると、
いつでも仕事があるので仕事がなくなることはありません。

◆ インタビュアー: 栗林さんはリストラ、失業のあとで
久家と出逢いましたが学んで一番よかったことは何ですか?
ここからは下にある動画でご案内しています。

■年収1000万円以上を毎年、実現できるのは
ごく一握り。給料所得者にいたっては、年収1000万円の割合は、
じつに、3.9%しかいません。
(2013年 国税庁 民間給料統計 実態調査より)

「なぜか?」

それは、3つの壁が私たちの前に立ちはだ
かるからです。

◆まず一つは「氣持ちの壁」。

「氣持ちの壁」とはマインドの壁です。

√ ラクして稼ぎたい、とか

√ 手に職がつけば安定する、とか

√ 資格さえあれば食べていける、とか

√ 公務員になれば安定が保証される、とか

√ セミナー講師になれば豊かになる、とか

√ 集客も、マーケティングも、商品開発も自分でやろう、とか

√ 代償を払いたくない、とか

√ 失敗したらどうしよう、とか

√ 自分は何でも知っている、とか

反対に

√ 自分にはムリかもしれない、とか

◆この「氣持ちの壁」に氣づかないと、
収入をあげていく「正しい行動」ができなくなってしまいます。

ある教育研修会社の調査によると 本やセミナー、教材で
学んだことを「正しく行動する人」は20%

行動したら、結果は2つ。

・「のぞんだ結果」か、
・「のぞんだ結果がでない」か、

◆そのときに、さらに改善を重ね、やり遂げるまで、
行動を続ける人は行動した20%のなかの、さらに20%

つまり4%しかいませんでした。

このように96%の人は行動することへの不安があったり、
間違った思いこみがあることで
成果をあげる「正しい行動」ができないのです。

そんな心の状態で、どんなに「集客」や「マーケティング」、
「ネットビジネス」を学んでも、「副業」や「営業」「起業」をしても、
のぞんだ収入を得ることは難しく、不安と焦燥を繰り返すことになります。

これが1つ目の壁。

◆そこで自分の知識やノウハウ、マインドセット、状態管理に関しては、
独自に勉強するなりして、ある程度克服したとしても
次の壁が立ちはだかります。「営業の壁」です。

どんなに良い商品やサービスを販売していても相手がそれを
喜んで購入してくれなければ売上が継続しないし、収入はつづきません。

◆「2013年、企業の倒産原因の1位は何だと思いますか?」
⇒「売上不振」が、70.7%でダントツの1位でした。
(※中小企業庁 2013年 中小企業白書より)

「営業の壁」とは、言い換えると、「営業が嫌い」とか
「営業が苦手」というスキルの壁です。

「売上」を「英語」で考えると興味深いことに氣づきます。

「売上」は「英語」でいうと「SALES(セールス)」。
日本語でいうと「営業」になるのです。

ということは「営業(セールス)」が嫌いということは、、、
「売上」が嫌いということなのです。

■大切なことなので繰り返しますが、
英語で「売上」とは、「セールス(営業)」です。

つまり「営業しなければ、売上はあがらないし、収入が増えない」のは
当然のことなのです。

でもここでお伝えしたいことは、そこではありません。

多くの人が、「営業」を勘違いしている。ということです。

喜ばれながら年収1000万円を毎年、繰り返し継続している人は
すべて営業をしています。

日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんや、

歴代納税額が1位の斎藤一人さん、異業種で2社の企業上場を達成された、
南部恵治さんなど、

日本を代表する著名な事業家や大商人はすべて営業をしています。

◆3つ目の壁は、「器の壁」です。

「器の壁」とは、言い換えると、「自分さえ良ければいい」とか、
「成功しても幸せを感じない」というマスターマインドの壁です。

小さい器に上から水をどんどん注いでも、その器の大きさ以上の水を、
器にとどめておくことはできません。

人に喜ばれて年収をあげるには、心の器を大きくすることです。

「器」がなければ、一時的に成功してお金が手に入ったとしても、
すぐにお金がでていってしまったり、幸せを感じなかったりします。

実際に、社会的、経済的に成功しているようにみえるのに
√ いつもビクビクおびえていたり、
√ 不摂生で病氣になったり
√ 威圧的になったり、
√ 毎晩、真っ暗な心の闇に引き込まれ、お酒を飲んでも眠れない人 、
√ なかには暴力をふるう人から離れられない人もいます。

■人から喜ばれ収入をあげていくには以上3つの壁がわたしたちの前に
たちはだかります。

では、私たちはこの「3つの壁」に屈する他ないのか?

√ ちっぽけな思い込みに振り回されて、、、40代はおろか50代になっても

√ 将来を不安に思い患い、ビクビクしながら仕事をしつづけなければ
ならないのか?

√ いつもお客さんや上司の機嫌を損ねないように、彼らに
媚びて生きなければならないのか?

√ パートナーとの関係が冷めきってしまい、

√ 子供はろくに挨拶もしない、反抗期

√ 信頼していた社員はクーデター

√ 心の底では誰も信頼できず一人ぼっち。

そんな、むなしい毎日を生きなければならないのか?

⇒ 断じて違います!!

21年間で、のべ7万3428人という圧倒的数の集合研修や
個別セッションを担当させていただき、

やっときづきました。

◆『旧・自分革命』=自分を変えるために、本やセミナー、
教材からマインドやスキル学んで「自分一人」で、直線的に頑張る。

ひとりぼっちの『自己啓発型』

◆『新・自分革命』=自分と他者との関係性。マスターマインドを通して、
人から喜ばれ感謝され、より魅力的な人になることで進化していく

『マスターマインド型』

あなたがこの3つの壁を徹底的に破壊して
人から喜ばれて!年収をあげる!ある具体的な行動を起こします。

まさに革命。
『年収5倍!新・自分革命』です。

この3つの壁を乗り越えて多くの人から感謝され、
喜ばれながら経済的な豊かさや時間的な豊かさを
手に入れたいあなた、

そして自分の運命を切り開きたいあなた

ぜひ登録してこの動画を見て下さい。

9月3日までの限定公開ですので
公開が終了する前にこちらに登録して下さい。

http://marugen.tokyo/ibc/k-opt/

日本現実化戦略研究所(まる現)

久家 邦彦